今日は冷たい雨の日。

寒くてテンション無理やりあげて1日過ごしました(笑)



そんなわけ(どんなわけ?)で、

今日は吹きガラス講座ストーカーはやめて、

自分のお仕事の話を。

パート・ド・ヴェールやキルンキャスティングといわれる、

電気炉(電気の熱で温度を上げる炉です。

細かい温度制御が可能で陶芸なんかにも使われています)

で行う、簡単にいえばガラスをつかった鋳物です。

こっちが工房での本来の本業です(^o^)

今回はこの技法の仕事としては簡単なものですが。



まず、佐野代表からこんなの作るようにとの指示のもと、

発砲スチロールのもっときめの細かい素材(名前あるけど商標なので)

をカッター、紙やすりなどで削りだし、



原型



こんなもんで。



それをガラス板に貼り付け、それに塩ビをぐるっとガムテープ、粘土でくっつけます。



型取り準備



こんな感じ。



あ、余計な穴ふさぐの忘れた(>_<")

ま、すぐに粘土で埋めて、



耐火石膏という高温にも耐えれる石膏というものを使います。

これは1時間ほどで硬化するのですが、その前はどろどろなものです。

それを流し込みます。



そ~れっ!と。



耐火石膏型取り



さすが自分!耐火石膏目の前にある分で適当な量作ったのに、

偶然にも量がぴったりです。

やばい、貴重な「運」使ったかも(笑)



あ、もちろん、しっかり量を計ってやることもありますよ!

無駄は出さない!お仕事なので!



あぶない、あぶない(笑)



それから1時間ほど置いて、耐火石膏が固まったら

最初の原型を取り出し、耐火石膏型というのが完成。



型完成



こんな感じ。



それに、必要な重さを量った

ガラスのかけら(昨日もいいましたカレットというもの)などを入れて、

電気炉にいれます。



ガラスつめて焼成へ



とここまで。

今晩から3日後ぐらいまでこの中で焼成します。



どんな風に焼きあがるか、最終的にどんなものになるか、

また、ブログにとりあげます!



というわけで、

簡単なパート・ド・ヴェールまたはキルンキャスティングの作業の紹介、

今日のお仕事でした\(^o^)/



能登島ガラス工房 じい

http://www.notojimaglass.com/