今日は穏やかな日となり、

日向はポカポカ、工房ネコたちは幸せそうにごろごろしています(^o^)



1.31工房



明日もこんな天気らしいですので、ぜひ人間もそのようにしたいですね(笑)



そんな夢想はさておき。



今日も、吹きガラス講座では

「修了制作」が行われているのですが、

今日はちょっと趣旨をかえて、

その制作をささえる熱いガラスを熔かしていますガラス工房熔解炉から。



1.31熔解炉フタ1



能登島ガラス工房のオリジナル、電気でガラスを熔かしています、

電気熔解炉の正面です。

真ん中の四角形はフタでして、これを開けると

中の真っ赤な熱い熔けたガラスが見え、

ここから吹きガラスをする際の

ガラスを巻き取る作業を行います。



このフタをすることで無駄な熱が外に逃げるの防ぎ、

ガラスを熱いままに保ち、結果、省エネに繋がります。



昨年までは、

このフタを手動で開け閉めしていたのですが、

今年より、横にこんな棒状のものと

エアーホース、そして・・・



1.31熔解炉フタ2



足元には足で踏むスイッチが!



これを足で踏むと・・・



1.31熔解炉フタ3



「プシュ」

といって自動で開きます(^o^)

もう一度踏むと閉じます!



おお!便利ですね~\(^o^)/

これまで開け閉めにはもちろん一人でもできるのですが

アシスタントなどの

ちょっとした人手があるとなおよかったのですが・・・



これですと、一人ですばやくきちんと開け閉めできますね!!



このような装置や電気熔解炉のように、

能登島ガラス工房ではガラス製作以外にも

それにかかわるいろいろな機材を研究開発、販売しております。

また、既成の機材の改良にも協力させていただきます。



ぜひ、興味のある個人の方、企業の方、

どのようなガラス機材でもまずはご相談にのりますので、

お気軽にお問い合わせください!!(^-^)/



能登島ガラス工房 じい

http://www.notojimaglass.com/