今日のブログは昨日の吹きガラス講座から。



昨日は「ムリーニ」といって、

ガラスで有名なイタリアのヴェネチアで

よく使われている吹きガラスの技法を学ぶ講座でした。



ムリーニ1



こんな風に色ガラスもいろいろ使いつくった、

熱いガラスの塊をなが~く引っ張って、



ムリーニ6



こんな所にもぐりこんでいます(●^o^●)



ムリーニ2



わかりますか?

ぶっちゃけ「金太郎飴」みたいに、短く切ると断面が模様になっています。



これをまた並べて(来週火曜、水曜日にする予定)、

こんな模様がたくさん入ったガラスの器などをつくるのですが。



一組の講座生コンビが大騒ぎに。



ムリーニ



ガラスを引っ張らず、えんえん強い炎でガラスの塊をあぶっています。

どうした?

なんと、よーくこの写真見るとガラスの塊の少し下、

金属の竿が折れています!!



ひぁ!こんなことがあるのか(>_<")



ムリーニ4



スタッフ藤井君、えまいちゃんも大慌て

うぉ!そのまま溶接していきます!!

だ、大丈夫なのか・・・



ムリーニ5



なんとか、だ、大丈夫だったようです



こちらも焦りました(>_<")

ムリーニだけに、無理~に、引っ張りすぎか?



・・・失礼。では\(^o^)/



能登島ガラス工房 じい

http://www.notojimaglass.com/