昨日に引き続き、修了製作展の紹介です。



アップT作品



こちらが、T君の作品のアップです。

題名は、「星の樹」です。

このようにガラスのブロックがくっつき合わさっていて、

中は空洞になっています。

それでも、なかなかの重さがあるのですが

上のほうがうっすら赤く見えるのは、赤いガラス球が入っており、

少しそれが見えているのです。



しかし、

下の木のディスプレイ、出来上がりが・・・(>_<")

ブログでもとりあげましたが、ほぼ、初めての木工作、

本人は頑張りましたが、これはきつく注意など受けました



スタッフも「もっと見とけばよかった・・・」

なんて反省中です



しかし、本人の思い通りにガラスがきらきら輝き、少し中のガラス球の色がわかる、

そういう面ではうまく完成しました。



次はY君の作品です。



アップY作品



題名が「天に続く道」。

昨日も言いましたが高さ2mほどの大作です。

雲の切れ間から射す日の光が、柱状に見える現象、

「天使のはしご」なんて言うそうですが、

それに平和の象徴のようにいわれる鳩が登っていく、

そんなビジュアルのイメージから出来上がった作品です。



この作品作りは、ブログでもよく、触れましたが、

ここまでたどり着くまで、苦難の数々・・・

本人もスタッフも(ToT)



ディスプレイの最後までトラブルがあり、本当に大変でした。

細かなところはまだまだですが、

印象としてはいいものになったのではないでしょうか。



そんなところで、修了製作展は明日までです。

今年は4日間と短い展示期間で、もったいなく残念ですが、

これも何度のブログでいいましたが、

若くていろいろ不器用(ガラスの技術だけでなく・・・)、

経験不足の2人。

この一度しかない初めてで貴重な経験。

来年へのステップにしてほしいと心から思います。



ぜひ、明日までですのでよろしかったら見に来て下さい\(^o^)/